HOME » 脱毛前に要チェック!知っておくべき基礎知識 » いつからはじめるべき?医療脱毛がおすすめの季節とは

いつからはじめるべき?医療脱毛がおすすめの季節とは

医療脱毛と脱毛サロンの違い

テレビのCMweb広告、ポストにキャンペーンのチラシなど。脱毛に関する情報は私たちの周りに溢れています。脱毛と一言で言ってもクリニックでの医療脱毛とエステサロンでの脱毛があり、その施術方法などの違いをご存知でしょうか。それぞれの特徴としては、使用する脱毛機器に違いがあります。クリニックでの医療脱毛は、有資格者である専門医が常駐しているため、国から許可されている強力な医療用のレーザー機器を使用することができます。施術中に万が一トラブルがあった時には、その場ですぐに医師が対応することも可能です。脱毛に使用するレーザー機器は医療従事者しか扱うことができないため、エステサロンでは使用することができません。エステサロンでの脱毛には、主にインテンスパルスライト(IPL)などの機器で光(フラッシュ)を照射することで施術します。サロンによって呼び方は「光脱毛」や「フラッシュライト脱毛」などと異なります。レーザーによる施術は専門医のみ行うことができますが、光(フラッシュ)は出力が一定に制限されているので、資格などがなくても誰でも行うことができるという点も2つの大きな違いです。レーザーによる医療脱毛と光脱毛では、レーザーの方が光の出力が強いため痛みを感じやすいと言われていますが、クリニックでは麻酔クリームなどを事前に塗るなどで痛みを和らげる方法を取ります。光脱毛はレーザーよりも出力が弱いため、肌へのダメージも穏やかで痛みは少ないと言われています。出力が弱い分、施術にかかる期間も長く、毛周期に合わせて23ヶ月おきに通い12年程度で完了することが多いです。医療脱毛の場合も毛周期に合わせて施術を行い、こちらは56回で完了することがほとんどです。医療脱毛の場合、1回の施術の効果が高いため、価格も光脱毛に比べて高い設定になっています。レーザーによる施術は「永久脱毛」とうたえますが、光脱毛は「不再生脱毛」という半永久脱毛という呼び方に限定されます。

 

医療脱毛をスタートするなら秋冬!

外の気候が過ごしやすい薄着の季節になると、一段と脱毛に関する広告が賑やかになるように感じませんか?肌の露出が増える服装になるにつれて、気になる部分が増えてくる方も多いのではないでしょうか。キャンペーンの広告なども頻繁に目にするようになるので、気持ちも脱毛に向きやすくなりますが、実際に医療脱毛に適しているのはどの季節なのでしょうか。結論から言うと、おすすめは秋冬、です。ではそれはどうしてなのでしょうか。肌や毛の仕組みや、季節による環境の変化、クリニックの裏事情など、それぞれの理由から総合的に見てみていきましょう。脱毛に興味のある方にとって知っておいて損はないことばかりです。

 

毛周期を考慮すると春では間に合わない!

私たちの体の毛たち、どれくらいの周期で生え変わっているかご存知ですか。実は、場所によっても多少違うのですが、おおよそ1ヶ月半~2カ月と言われています。この毛周期と医療脱毛のタイミングを合わせる必要があるので、早く脱毛を完了したいからといって、次の施術予約を2週間後に、というようなことはできないのです。毛は休止期、成長前期、成長後期、退行期の4つのサイクルで生え変わりを繰り返しています。同時に施術しても、すぐに抜ける毛とそのまま伸びたままの毛があるのはこのためです。レーザーによる施術をして脱毛に効果がでるのは、成長期にある毛だけです。レーザーは黒色(メラニン色素)に反応するため、毛細胞の活動が活発な成長期にある毛は黒色が濃いことから、レーザーの強力な光が毛根までしっかり届くのです。反対に、休止期や退行期の毛はメラニンが薄いため、レーザーの効果は感じることができません。このメカニズムは医療脱毛だけでなく、エステサロンでの光脱毛などにも同じことが言えます。レーザーの施術で効果のある、成長期の毛が肌の表面に出てきているのは、頭の髪以外をみると毛全体の約15%~20%程度だけ。一回の施術で脱毛の効果を出せる毛は最大でも20%ということになるので、脱毛したい部分のすべての毛に効果的にレーザーを当てるとなると、最低でも5回は必要になります。そこに毛周期も考えると、最短でも5回×2カ月=10ヶ月の期間が必要なので、9月に脱毛を始めると7月に完了する計算になりますね。このようなことから、薄着の季節が始まってからでは、肌露出の増える夏までに脱毛完了することは間に合わないのです。

 

紫外線対策も服装も秋冬が◎!

医療脱毛のスタートを秋冬にするメリットのひとつに紫外線が関係しています。脱毛サロンやクリニックでは日焼けに関して厳しく言われるというのをご存知でしょうか。前にも述べたようにレーザー脱毛のレーザーは、メラニン色素に反応して毛にダメージを与えます。つまり、肌が日に焼けた状態でレーザー施術をすると、日焼けしたくさんメラニン色素が含まれた肌にまでレーザーがあたってしまう、ということです。そして何より問題なのは、日焼けした肌にレーザーがあたると肌へのダメージが大きく、ヤケドのリスクがあるため施術ができません。折角目標の脱毛完了日を決めて立てた計画が遅れる、ということになってしまうのです。1年の中で日中の紫外線が増え始めるのは4月頃からと言われています。紫外線による肌へのダメージが脱毛の施術に大きく影響するので、日焼け対策は通常よりも重要になり外出には細心の注意が必要です。そういったことも踏まえると、紫外線の弱まる秋や冬に脱毛をスタートすることで、服装も露出部分も減るので施術期間中の日焼けへの気遣いが軽減されます。肌露出が減る服装の時期に脱毛期間が重なることのメリットは他にもあります。施術と施術間の期間の肌を隠すことができるという点です。クリニックによっては医療脱毛中の自己処理は控えるように言われることがあります。全くダメ、ではない場合も、カミソリで処理すると肌へのダメージが大きいため電気シェバーのみOKなど、頻繁に処理をすることが難しくなる場合が多いです。このように、あまり処理のできない脱毛部分を服装で違和感なく隠すことができる季節が、秋冬ということになりますね。

 

予約の取りやすさや価格にもメリットが!

秋冬に医療脱毛をスタートすることのメリットに、希望の予約がスムーズに取りやすい、ということがあります。前にも述べたように、薄着になる春夏の駆け込み需要が多いことがどのクリニックでも言えるので、この時期は混雑し予約が取りにくくなる状況に。希望の予約日が取れないのではますます脱毛の完了が遅れてしまいますよね。更には、繁忙期ではない秋冬の会員を増やしたいと考えるクリニックも多く、実はキャンペーンなどで価格設定が春夏よりも低くなっている場合もあるのです。事前にクリニックを探す際には是非注目していただきたいポイントです。

 

特に冬に注意しておきたい「肌の乾燥」!

秋冬に脱毛をスタートすることのメリットばかりお伝えしてきましたが、気をつけていただきたいこともあります。それは冬の冷たく乾いた空気による肌の乾燥です。医療脱毛の施術を受けた後の肌は、高熱を当てているため水分が逃げやすく、また毛の生える毛根下部の細胞の働きを弱めているため大変乾燥しやすい状態に。このような肌が冬の乾燥した空気の中では更に水分が奪われやすくなってしまうので、夏の紫外線対策と同じように保湿のケアに細心の注意を払う必要があります。あまりに肌の乾燥が進んでいると、痛みや熱さを感じやすくなったり、肌へのダメージが大きくなったりする可能性が高いことから施術を断られる場合もあるので十分気をつけましょう。保湿はもちろんのこと、洗浄力の強いボディーソープを使うことも乾燥を加速させてしまう原因にもなりうるので、敏感肌用のものを使うなどもおすすめです。

 

 

医療脱毛を始める時期は秋冬がおすすめだということ、紫外線と乾燥には十分気をつける必要があるということ。医療脱毛を考えている方にとっていつまでにどの程度まで脱毛を完了させていのかイメージしていただくことが何よりの近道です。

脱毛するなら?医療クリニックVSエステサロン
脱毛するなら?医療クリニックVSエステサロン