HOME » 脱毛前に要チェック!知っておくべき基礎知識 » 脱毛をする上でのリスク

脱毛をする上でのリスク

脱毛の施術にどのようなリスクがあるのかを事前に把握しておくことで、万が一のときにもすぐに対処できるようになります。

事前に知っておきたい医療脱毛・エステ脱毛のリスク

赤み・ひりひり感・むくみ

レーザー脱毛や光脱毛の照射出力により、皮膚が炎症を起こした場合の症状です。特に肌が弱い人はひりひりとした感覚が数日続くことがあります。

対処法

  • 炎症止めの軟膏を塗布する
  • 施術箇所を冷やして、保湿する

毛嚢炎

施術によってダメージを受けた毛穴に雑菌が入った際に傷が膿み、炎症を起こした場合に起きる症状です。毛穴の周囲が赤くなったり、ニキビのようになることもあります。

対処法

  • クリニックで診断を受け、内服薬、外用薬を処方してもらう

数が多く、発疹のようになってしまった場合は病院へ行きましょう。

増毛・硬毛化

照射の影響で、脱毛した箇所の毛が増えてしまったり、硬い毛が生えてしまったりする症状です。原因は不明ですが、顔やうなじ、背中などの毛の薄い部分や産毛の多い部分で起こりやすいようです。

対処法

  • 他機種での照射に切り替えて、施術を続ける

根気強く施術を続けることで、徐々に脱毛されます。

やけど

レーザー脱毛や光脱毛の照射により、やけどを起こしてしまうことがあります。出力パワーの弱い光脱毛よりも医療レーザー脱毛の方がやけど症状は出やすいです。

対処法

  • 炎症止めの軟膏を塗布する
  • 施術箇所を冷やして保湿する

自宅で行う自己処理のリスク

自宅で行う自己処理の方が実は危険が潜んでいます。

  • カミソリ
    カミソリ負けが起きたり、埋没毛になってしまうリスクがあります。
  • 除毛クリーム
    クリームにアルカリ薬剤を使用しているため、肌へ負担がかかります。特に敏感肌の方はかぶれたり、赤みなどの炎症を起こす可能性があります。
  • 脱毛ワックス
    ワックスをはがす時に肌の表面も一緒にはがすことになるので、内出血やかぶれ、腫れなどの炎症が起きる可能性があります。また、埋没毛になってしまうことも。

このほか、毛抜きや脱毛テープなどを使った自己処理でも痛みが伴いますし、埋没毛になってしまうリスクがあります。自己処理でもサロンやクリニックでの施術でも、脱毛にはリスクが伴います。しかし、クリニックであれば医師が常駐していることもあり、肌トラブルがあった際のケアや治療もすぐに行ってくれるので安心できるでしょう。

脱毛リスクも心配なし!医師のアフターケアがあるクリニック脱毛

クリニックで行う脱毛施術の最大のメリットは、万が一トラブルが起こったときは知識のあるドクターが真っ先に対応してくれるところ。すぐに診察をしてもらうことができ、必要に応じて薬まで処方してくれます。エステサロンで脱毛をしている最中にトラブルが起き、すぐ皮膚科に駆け込んだというケースをよく聞きますが、医療機関で施術を受けていればそんな心配は無用です。安全性を求める方は、クリニックの脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。

脱毛するなら?医療クリニックVSエステサロン
脱毛するなら?医療クリニックVSエステサロン