HOME » 脱毛前に要チェック!知っておくべき基礎知識 » アトピーや敏感肌でも脱毛はできる?実際のところを解説

アトピーや敏感肌でも脱毛はできる?実際のところを解説

アトピーや敏感肌などに悩まされると、ムダ毛を思うように処理できないので困りますよね。もしかすると、ムダ毛を隠すため夏でも長袖を着ている方がいるのではないでしょうか。このようなケースで気になるのが脱毛です。アトピーや敏感肌にお困りの方でも、クリニックやサロンなどで脱毛を受けることはできるのでしょうか。この点について詳しく解説いたします。併せて、脱毛できないときの対処法なども紹介します。お困りの方は参考にしてください。

アトピーや敏感肌でも脱毛はできる?

アトピーや敏感肌は肌トラブルを起こしやすいので脱毛は受けられないと思われがちです。本当に、脱毛は受けられないのでしょうか。

アトピーと敏感肌

アトピーは、良くなったり悪くなったりを繰り返す、かゆみのある湿疹を主病変とする病気です。主な要因のひとつとして、皮膚バリア機能の低下が挙げられています。これにより、外界からの刺激に敏感になり炎症を起こしやすくなっていると想定されています。

敏感肌は、明らかな皮膚病変がないにもかかわらず外界からの刺激などに反応しやすい肌タイプと考えられています。現在のところ明確な診断基準はありませんが、ヒリヒリやかゆみ、赤み、肌荒れ、かぶれなどが現れやすいとされています。また、アトピーも敏感肌に重要な要素として挙げられています。

【参考】

アトピー・敏感肌でも脱毛は受けられる!

以上から、アトピーと敏感肌は外界からの刺激を受けやすい状態とわかりました。肌に刺激を加える脱毛は受けられないと思ってしまいますが、アトピーであっても脱毛を受けることはできます。レーザー光が、黒色だけに吸収されるからです。皮膚表面に照射したレーザー光は表皮に変化を起こすことなく黒色のムダ毛を破壊します。だから、アトピーであっても脱毛を受けることができるのです。同様に、敏感肌でも脱毛を受けることはできます。日本医学脱毛協会によると、レーザーが原因でアトピーや蕁麻疹が悪化した症例なないそうです。

【参考】

脱毛できない場合もある

ただし、アトピーと敏感肌に悩む全ての方が脱毛できるわけではありません。炎症が強く出ているなど、肌の状態によって脱毛を受けられないことはあります。脱毛できないといわれたときは、原因を聞いて対処するとよいでしょう。例えば、肌の炎症など一時的なトラブルが原因の場合は、肌トラブルの解消を目指します。アトピー・敏感肌とも、保湿を心がけて肌のバリア機能を整えるとよいかもしれません。

クリニックとサロンはどちらがオススメ?

脱毛はクリニックとサロンで受けられます。アトピーや敏感肌にお悩みの方はできるだけクリニックを選びましょう。医師の診察を受けてから脱毛を行えるので、トラブルを避けやすいはずです。万が一、トラブルが起きても迅速に対処できます。また、施術後のスキンケア方法なども詳しく教えてもらえます。この点は、アトピーや敏感肌にお悩みの方にとって特に重要なポイントです。

自己処理の方が危険かも

もちろん、ムダ毛を自分で処理することもできます。ただし、カミソリや除毛クリームなどによる自己処理は肌に負担をかけてしまいます。このことは自己処理後の乾燥肌などをイメージすればわかりやすいはずです。乾燥は肌のバリア機能を低下させます。アトピーや敏感肌の方にとって好ましいとは言えません。自己処理のリスクも理解したうえでムダ毛を処理することが重要です。医療脱毛などを受ければ自己処理の必要がなくなるので、自己処理によるトラブルを避けられるようになります。

脱毛するなら?医療クリニックVSエステサロン
脱毛するなら?医療クリニックVSエステサロン