HOME » 脱毛前に要チェック!知っておくべき基礎知識 » 脱毛することリスクとは?

脱毛することリスクとは?

脱毛の際の使用機器とメカニズムについて

脱毛エステサロンと医療脱毛クリニックでは、脱毛の際の方法に違いがあります。
 脱毛エステサロン:フラッシュ脱毛(光脱毛)
 医療脱毛クリニック:レーザー脱毛
フラッシュ脱毛とレーザー脱毛、それぞれに複数の種類の機器があります。それぞれの脱毛のメカニズムと使用する機器の種類を簡単に解説します。

フラッシュ脱毛(光脱毛)について

フラッシュ脱毛は、光を当てることで脱毛効果を促す方法です。使用する機器によって、少しずつメカニズムが異なっていきます。代表的なフラッシュ脱毛の方法に、IPL脱毛とSSC脱毛があります。

IPL脱毛

IPL脱毛は、Intensive Pulse Light(インテンス・パルス・ライト)を省略したものです。特殊な光を当て、毛根にあるメラニン色素と反応させることで、毛根にダメージを与えて脱毛させる仕組みです。

IPL脱毛で当てる光には複数の波長が含まれています。皮膚の浅い部分から深い部分まで光が届きやすいのが特徴です。

SSC脱毛

SSC脱毛は、Smooth Skin Control(スムース・スキン・コントロール)を省略したものです。肌にジェルを湿布して光を当てることで毛の再生を抑制する効果があります。湿布するジェルには毛が生えるのを抑制する効果があります。途中でやめると元に戻りやすいデメリットもあります。

レーザー脱毛について

医療脱毛クリニックでの脱毛に使用されるのがレーザーです。レーザーの光が毛のメラニン色素または毛包などに働きかけることで脱毛を促します。レーザー脱毛機器の種類によって、毛のどの部分に働きかけるかや1度当たりの脱毛時間・脱毛完了までの期間などが異なります。

医療脱毛レーザー機器には、下記のようなものがあります。

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーは、宝石のアレキサンドライトを使用したレーザー機器で、毛根のメラニン色素に働きかけることによって脱毛を促します。レーザーとともに強い冷却ガスを噴射するため痛みを感じづらいのが特徴です。

美白効果や毛穴引き締め効果も伴っています。成長期の毛にのみ働きかけるので、複数回の施術が必要です。

基本的に肌にも優しい施術方法ですが、産毛には効果が少ない方法です。また、日焼けした肌に使用することはできません。

ダイオードレーザー

人工の結晶を使ってレーザー光を照射します。毛根のメラニン色素に働きかけますが、アレキサンドライトレーザーより皮膚の深い部分まで光が到達可能なため、表面に見える色が薄い毛や産毛などにも働きかけることができます。産毛の多い背中などの脱毛にもおすすめです。

アレキサンドライトレーザーと比べてのデメリットは、美肌効果に乏しい点です。

ライトシェア

一度に広範囲に照射可能なレーザー脱毛機器です。光脱毛と比べてかなり痛みが軽減されている機器としても知られています。痛みが少なく広範囲に照射可能なので、背中の脱毛や全身脱毛などに用いられることが多いです。

肌を吸引しながら伸ばして広げて広範囲に照射するため、隅々まで広範囲に施術が可能です。

ヤグレーザー(YAGレーザー)

他のレーザー脱毛機器と比べると波長の長いレーザーを使用しているため、根深い毛や濃い毛にも働きかけやすい機器として知られています。

照射時間が突出して短いですが、強力な波長を当てるため、他のレーザー機器に比べると痛みを感じやすい傾向にあります。

他のレーザー機器では肌の色が黒いと施術が難しい場合もありますが、肌の色による影響も比較的受けづらいのが特徴です。VIOゾーンやヒゲなどに使用するのもおすすめの機器です。

ソプラノ

ソプラノは、広範囲にまんべんなくレーザー光の照射を行います。他のレーザー機器と比べると弱い光を照射することで、毛包をゆるやかに破壊し、脱毛を促します。毛根へ働きかけるわけではないため、毛周期を選ばず施術が可能です。そのため、他のレーザー脱毛と比べて短期間で完了する傾向にあります。

他のレーザー脱毛機器では難しい日焼けした人や肌の色が濃い人、毛が濃い人でも施術できる場合があります。

ハヤブサ

ハヤブサは、毛の成長期と退行期両方に施術可能なレーザー脱毛機器です。毛の成長期のみに施術可能なレーザー脱毛機器がほとんどなので、他のレーザー脱毛機器と比べると施術機関が短く済みます。

大きなメリットが、痛みが少ない点です。レーザー脱毛機器はフラッシュ脱毛に比べると痛みは少ない傾向にありますが、VIOゾーンは痛みを感じる場合が多いです。ハヤブサであれば、痛みが少なくて済むメリットがあります。

ただし、白髪や色が薄い毛には反応しづらいデメリットもあります。

このように、脱毛で使用する機器には、たくさんの種類があります。それぞれのメリットやデメリットを比較したうえで、どれが自分に合っているかの判断材料にしてみてください。

脱毛するなら?医療クリニックVSエステサロン
脱毛するなら?医療クリニックVSエステサロン